基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索

トップターンを活用すれば技のバリエーションも増えるし、波も距離を繋げ易くなります。

アップスやリッピングとも違うトップターンは、走る・当て込むセクションでは無く、繋ぐセクションに用いるのがベター。

トップターンがスラッシュやカービングなど大きな技に繋がる事もあります。

波が速かったり掘れている時は、なるべく膝を落す体勢で早い切り替えしが必要です。

ボトムターンからトップへ上がった時に、波の中腹くらいから身体と腕を岸側へ回して行き、後ろ足も蹴り込みます。

トロめな波などでは深くえぐる様にターンをするとタイミングも合うでしょう。






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.187476秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo