基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

師走の慌しいような雰囲気は、楽園ハワイも同じかもしれません。先日エディーのイベントを5年ぶりに終えたばかりのオアフ島・ノースショアでは、ASPイベントの大トリを飾るWCT・トリプルクラウン最終戦『Billabong Pipeline Masters』がハワイ時間10日、とうとう始まりました!

トレードウィンド、晴れ。オフィシャル発表は4-6ft(ハワイアンサイズ)とはいえ、相変わらずのゲボガバ波がそこにはあり、セットは8ft以上あるように見えるgoing off状態!

ワイメアの25ft級に乗りまくった選手は、小波にさえ感じる!?冬のハワイの大波は、感覚を麻痺させる偉大な自然のスケールの違いがそこにはあるのです。

WCT選手で来期のクオリファイ=生活をかけた大切なヒートになる者、ポイントなど気にせず、貸切のパイプを楽しみながら自分の力を試す者、どんな目標であれ、出場できる選手は、バレルで今年最後の勝負に挑みます!


美しくも危険な巨大真空管のようなパイプとバックドア。今シーズン、波に恵まれたままハレイワ→サンセット→ワイメアとこなされていった冬の大イベント。パイプマスターズ初日のコンディションも素晴らしいものとなりました。

試合形式はデュアルフォーマットのマンonマン。
時間差で同じピークを異なった2つのヒートでシェアし、先にスタートしたヒートの選手側にプライオリティーがあるスタイル。

この方法だとマンonマン(1対1の勝負)であっても、波を余すことなく誰かが乗り、ギャラリー的には休むことなく演技を見学できるうえ、時間的にも試合はサクサク進行するという画期的なフォーマット。

マスターズ初日はR1のH16全て、そしてR2H7までがこなされていきました。
WCTトップ16はR3に控えているため、ワールドタイトルに関わる選手の出番はまだとまった初日。それでも役者は揃っています!

The Eddieniは大波に乗ったものが勝ち。そしてパイプマスターズもバレルさえあれば、深くて長いsick oneをメイクしたものが勝ちというシンプルなもの。

その勝負で最もよいところを見せたのは、フレンチガイのミカエル・ピーコン。グラブレイルでストールしながら絶妙なラインでバックドアを抜けまくり、9.83ptと9.93ptを揃えました。

「ボクの人生でベストなヒートだった。勢いで突っ込んだのに・・トレーニングの成果が出ているのかな。グレイトなことだよ。今日はライト波ということを分かっていたから、そうしたのさ」

現在CTレイティング39位という厳しい状況のマイキー選手。このままよい結果をパイプで残せば、リクオリファイの可能性が残っている状況です。

その言葉のようにほとんどの選手がバックドア狙い。この地を十八番とするアンディー・アイアンズ(HAW)は余裕のバレルイン。彼らしい演技でトップシードの待つ、R3へと駒を進めます。

逆に少ないパイプで魅せたのは、ブルース・アイアンズ(HAW)
レイトドロップのようでも、体中つかって硬い壁にストール。
バランスとパワーのコンビネーションは絶頂を示し、そのままパイプの神秘的な空間に吸い込まれ見事メイク!

アイアンズ、パイプマスターズで健在ぶりを世界にアピール:)
残念だったのはサニー・ガルシア(HAW)
前回のサンセットで、どうにかつかんだパイプでのワイルドカード。そのチャンスは7回目のトリプルクラウンKINGへと導かれるかのようたったのに・・・
何故か5分の遅刻。1stオルタネイトに控えていたBIGアイランドのトーリー・マイスターが出場し、サニーはそのまま試合に出ることもなく今シーズンは終了。

たった5分でも。イージーミスが人生を左右することも。今期をもってコンテストシーンから引退すると囁かれているサニーの気持ちは・・・(泣&怒&悔!?)

ハワイ時間11日、サイズは若干下がる傾向ながらコンパクトなバレルを形成し、R2H8から試合は進行中。
11日夜には6-12ftくらいの、新たなスウェルが届く見込み。経過は追ってご報告させていただきます☆T☺m☮min

| サーフニュース | 03:59 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.838765秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo