基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

アメリカ時間6日、ハンティントンピア・サウスサイドで開催中のASPプライム『US Open of Surfing』は、3人ヒート2アップとなるR24全てのヒートがこなされ、とうとうたった12人のみに絞られていきました。
1-3ft(オフィシャル発表)のクリーンなコンディションで朝を迎え、日中は徐々にカリフォルニアの誇るサンサンと輝く太陽が照りつけ、ビーチは真夏一色!

正直、これほどまでいっぺんにビキニの女の子の群集を見たのは、初めてかもしれません。
水着になることが恥ずかしいというよりも、もしかして、水着にならない方が恥ずかしいのかも?というくらい、元気なカリフォルニアガールズが華を添えた、週末のスタート。

セットが入ると、意外とサイズがあるなぁという感じながら、とにかく凪の時間が長い!
波数が少ないので、セットをつかむことができたら大切にスコアを稼がないと・・・なんて考えた、自分の小ささを知ったDAY7。

選手たちはそんなこと、これっぽちも思っていなかったかもしれません。

途中で厚くなってしまう波なので、サイズのある場所ではBIGターンを入れても2発まで。
そのセクションのうちに、いかにもの凄いことをしてみせるか・・
まったくもって、出場選手はリスキーな技に挑み、成功したものが勝ち上がっていくという、ギャンブル要素が高いようにみえた一日。

退屈な見学のショーになってしまいそうな、厚くダラダラになりがちなコンディション。
しかしどうでしょう!
少ないパワーゾーンでも、最大限に生かすことができると、こんなに面白いショーになっていくんだなぁと思いました。

その成功例が、ジャドソン・アンドレ(BRA)
波が遅くたって、セットはある程度サイズがある。そのパワーを全て吸収しちゃったかのような加速は、ハンティントンのクセが強い割れ方と見事マッチ。

ピーク付近だけ掘れて、すぐに厚くなってしまう系のスコアが稼ぎづらそうなビーチブレイクで勝負の場合、ジャドソンが世界一なのかも!?と、一体何人が思ったことでしょう。軽やかな決して沈むことのないスピードで、次々と空中技をきめていきます。その完成度といったら!

ハイエスト・オブtheデイとなる9ptをスコアし、優勝賞金$100,000へ一歩近づきました。

本人にそのことを訊ねると・・

「あまり賞金について考えてない、というよりそれぞれのヒートをメイクしていきたいだけなんだ。
ただトライしたいのさ。お金のことなんて、気にかけていないんだよ」

20歳の青年、コメントまで彼のエアーと同じくらいスカっとしますね!

実際のところ。勝負中にお金のことを考えている選手がいたとしたら、逆にどのような感じなのか、インタビューしてみたい。
スポーツで勝負をするというのは、ご褒美のことは後回し、とにかく勝ちに行く。なんとなく、そういうことのような気がします。
負けてもなんとも思わなくなってしまったら、それはリタイヤの時といえるのかもしれません。

そうすると、今度は違う勝負が待ち受けている・・あぁ、人生って面白い♪

話がそれました<m(__)m>
ディフェンディング・チャンプのブレット・シンプソン(USA)は、昨年既に$100,000を手にした、ローカル・ヒーロー。
やはり誰よりも、どんな波なのか熟知していた様子できりきざみ、1位抜けでR16へ。

「家の前に集まってくる群衆が、ボクを早起きさせ、サーフィンへのモチベーションをあげているんだ。
ボクたちがその群集の前で演技をするのは、たった何回か。いいところを見せたいよね。
ここはホームブレイク、ベストを尽くすだけ。
昨年よりもプレッシャーがあるよ。でのそのプレシャーをはねのけ、楽しみながらベストなサーフィンがしたいんだ」

ファイナルデーへ向け、サイズアップ傾向という嬉しい見込み。
その始まりのウネリが、時折、会場にも届き始めているように見受けられた一幕も。

本当にとんでもない群集になってきています。こんなに人が集まるビーチって・・鎌倉や江ノ島の花火大会よりも、もっと多いかも!?

ケリー・スレーター(USA)は今日もきっちり勝ち上がりました。もしもケリー不在の週末を迎えたら、万単位でギャラリーの動員数に変化があるかも?といった、注目度。
ビーチのどこにケリーがいるのか・・人の塊ごと動くので、遠くからでもあの人だかりの中にいるんだろうなって、推測ができちゃうほどなのだ。

デイン・レイノルズ(USA)も、ラウンドアップ。メイクできようがしまいが、とにかく大技に走っていたのが印象的。
そのチャレンジっぷりに、きっと世界中のファンが、ドキドキしたのでは。

7日に予定されている、R16のヒート組は以下のとおり。

Round of 16 match ups
H1:Gabriel Medina BRA 、Jordy Smith ZAF
H2:Bede Durbidge AUS、Miguel Pupo BRA
H3:Jadson Andre BRA、Nic Muscroft AUS
H4:Mick Fanning AUS、Cory Lopez USA
H5:Granger Larsen HAW、Adriano De Souza BRA
H6:Adrian Buchan AUS、Kelly Slater USA
H7:Nathaniel Curran USA、Patrick Gudauskas USA
H8:Dane Reynolds USA、Brett Simpson USA

ん~っ、サンクレメンテの選手も残っていますね(個人的喜)
サイズアップに期待しつつ、経過は追ってご報告させていただきます☆T☺m☮min
| サーフニュース | 04:00 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.308821秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo